商品詳細

製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像

女物浴衣(3点セット)【桜】

寸法
M
  • 推奨身長152㎝~162㎝
  • 推奨ヒップ92cm(前後約5cm)
  • 身丈約156cm
  • 裄約66cm
  • 袖丈約49cm
L
  • 推奨身長158㎝~168㎝
  • 推奨ヒップ95cm(前後約5cm)
  • 身丈約162cm
  • 裄約70cm
  • 袖丈約49cm

推奨寸法について

生地 綿77% 麻23%
柄名
地色 濃紺
柄色 ベージュ、紺、オレンジのぼかし
生産国 日本
コメント 浴衣/帯/下駄の3点セットです。

【浴衣】
糸の段階から先に染めているものを先染めと呼んでいます。
この先染めの糸で織りあげられた生地を使用し、柄の部分を防染糊と呼ばれる染料を通さない糊で伏せ、周りを染めていきます。こうすることで糊で伏せた部分に生地の色が出て柄になります。柄の上にはさらに朱色を差してぼかしています。

ブーケのように束ねられた桜の柄。

生地は軽やかで涼しい着心地が夏の衣類として昔から愛されているしじら織です。独特のしぼが特徴でさらりとした肌触り。
平織りの生地とはまた違った風合いをお楽しみください。

【半巾帯】
長さは4mあります。定番の文庫結びにもボリュームが出て華やかになり、変わり結びなどもやりやすい帯です。

発色の良い金茶に赤の縞。裏はシルバーグレーの地に七宝の地紋が入っています。

浴衣帯としてはベーシックな色遣いの表面と、ガラッと渋い雰囲気の裏面。その時の気分に合わせてコーディネートをお楽しみください。

【下駄】
Lサイズ(足の推奨サイズ:23cm〜24.5cm 実寸24cm)。
2Lサイズ(足の推奨サイズ:24.5cm〜26cm 実寸26cm)。

右近形の桐下駄。右近は下駄の中でも背の低い形で、下駄に慣れていない方にとっては歩きやすい形です。定番の焼桐は、汚れが目立ちにくいのも嬉しいポイント。

鼻緒は黒地に赤と白の椿柄です。柔らかい縮緬の生地で、足の甲にあたる部分には痛くならないよう布が張られています。
商品コード f_18_0013_sakura_ai

税抜¥ 35,000円

(税込 ¥ 38,500円)

※別途送料

  • 品切れ

スタッフ

スタッフコメント

風合いのある生地の上から藍色に染められた浴衣は、真っ白な平織りの生地を染めたものとはまた違ったしとやかさがあります。ブーケのように束ねられた桜花の中央のふんわりとした朱のぼかしは、注染ならではのやわらかさです。
日本女性を美しくみせると言われる藍色と古典的な桜。日本の「良さ」がギュッと詰まった浴衣です。

染め浴衣について

知る人ぞ知る染の技法、注染。
注染の浴衣といえば現代では最高級品とも言われ、“本染め”というとほとんどがこの注染のことを差します。
こうした高級浴衣生地は、多くはオーダーで仕立て上げます。銀座喜染では、まとめて仕立上げることによって、オーダーに比べ納期の短縮と価格を抑える事に取り組んでいます。
フルオーダーと変わらない高級浴衣を気軽に。
銀座喜染の浴衣で、次のお休みに着てお出かけしてみませんか。

織り浴衣について

銀座喜染では、男物の本しじら、本楊柳、紋織の国産織ゆかたをお仕立てしております。
生地の表面に、それぞれの織特有の凹凸やしぼがあり、肌触りが良くさわやかな着心地の浴衣です。従来からの技を守って、丁寧に生産された織物ならではの、上質な風合いです。

ページ先頭へ