商品詳細

製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像

男物浴衣(単品)【市松】

寸法
M
  • 推奨身長155cm~168cm
  • 推奨ヒップ92cm(前後約5cm)
  • 身丈裁ち切り約150cm
  • 裄約70cm
  • 袖丈約49cm
L
  • 推奨身長160cm~173cm
  • 推奨ヒップ95cm(前後約5cm)
  • 身丈裁ち切り約160cm
  • 裄約73cm
  • 袖丈約49cm

推奨寸法について

生地 綿100%
柄名 紺白市松
地色
柄色
生産国 日本
コメント 注染の中でも最もシンプルな一色染め。
染めない部分は防染糊と呼ばれる特殊な糊で伏せ、柄の部分を紺一色で染め上げています。

紺と白のコントラストが見栄えのする市松の柄。

生地は太さの違う糸を織り込むことにより、「スラブ」と呼ばれる独特の凹凸を表現しています。
ざっくりとした風合いで、肌に接する面積も少なく通気性の良い生地です。
商品コード m_19_0003_ichimatsu_konshiro

税抜¥ 32,000円

(税込 ¥ 35,200円)

※別途送料

  • レギュラーM
    在庫あり
    レギュラーL
    在庫あり
  • 数量
    サイズ
    身長
    cm
    バスト
    cm
    ウエスト
    cm
    ヒップ
    cm

    ※ 最適なサイズ選びの為、可能であればご記入ください

スタッフ

スタッフコメント

2020年東京オリンピック、パラリンピックのエンブレムとして、一躍脚光を浴びた市松柄の浴衣。
江戸時代には愛用されていた古くからある柄ですが、その無駄をはぶいた斬新なパターンに、往時のデザインセンスの高さがうかがえます。
破れ目の入った市松と、注染ならではのしっかりとした色付きが、定番の紺白浴衣に差をつけます。
今に息づく古典柄の浴衣は、この夏アイコニックに映えるのではないでしょうか。

染め浴衣について

知る人ぞ知る染の技法、注染。
注染の浴衣といえば現代では最高級品とも言われ、“本染め”というとほとんどがこの注染のことを差します。
こうした高級浴衣生地は、多くはオーダーで仕立て上げます。銀座喜染では、まとめて仕立上げることによって、オーダーに比べ納期の短縮と価格を抑える事に取り組んでいます。
フルオーダーと変わらない高級浴衣を気軽に。
銀座喜染の浴衣で、次のお休みに着てお出かけしてみませんか。

織り浴衣について

銀座喜染では、男物の本しじら、本楊柳、紋織の国産織ゆかたをお仕立てしております。
生地の表面に、それぞれの織特有の凹凸やしぼがあり、肌触りが良くさわやかな着心地の浴衣です。従来からの技を守って、丁寧に生産された織物ならではの、上質な風合いです。

ページ先頭へ