喜染の特徴

銀座喜染について

銀座喜染は、銀座で五十年以上にわたり呉服店を営んでいる「銀座橘苑」が監修/運営する、
国産の本染め・国産の織浴衣専門の通販サイトです。
呉服に関する長年のノウハウを結集し、お客様に高品質な浴衣をご提供します。

国産の染、国産の織。
高品質の浴衣を、短い納期と抑えた価格で販売しております。

場面によって浴衣の楽しみ方はさまざま。
本格的な作りの浴衣は、夏のお祭りやイベントだけでなく町着としてもお召しいただけます。
帯合わせやヘアメイクアレンジで、自分だけの浴衣姿を楽しんでみませんか。

注染(本染め)の浴衣と高品質の織浴衣。当店で扱うのは、いずれも国内で生産された浴衣です。
染めの浴衣は、伊勢型紙を使い手仕事で染め上げられた「注染」の反物からお仕立てしました。
織浴衣は、楊柳・しじら・紋織など、生地の表面にシボ・うねりがあり、さわやかな肌触りの反物からお仕立てしました。

男物浴衣の豊富なラインナップと手厚いサービス。
注染の浴衣はM・Lの2サイズ。織浴衣は、S~3Lサイズを取り揃えております。男物浴衣に関しましては、裾上げサービスも承っております。
また女性の浴衣に関しましても通常のフリーサイズより小さいMサイズを展開。
フルオーダーとかわらない着心地の高級浴衣を、気軽にお試しください。

注染の魅力

注染とは伝統的な型染めの一種です。表からと裏からの二度にわたり染料を注ぐため、両面がきれいに染め上がります。
機械でのプリントとは異なる、きれいなぼかし染めや、立体感のある染め上がりになります。
手染めならではの染めムラやにじみも味わいのひとつです。

  • 糊付台に型を打ちつけて固定します。晒し上がりの生地を置き、生地の上に型を下ろします。型紙は伊勢型紙を使用しております。

  • 染めない部分は染料が入らないよう、海草から作られた※防染糊(ぼうせんのり)を、へらを使って敷きます。
    ※染料が付かないように敷く糊

  • 糊付けする位置がぴったりと合うよう、浴衣のサイズで生地を折り返します。生地の折り返しには相当の技術を要し、細かい柄ほど念入りに行われます。一回生地を折り返すごとに糊を付けていきます。

  • 糊を固定させるため生地の表面には、おがくずがかけられます。

  • おがくずを箒でならします。

  • 型置きされた生地を、染め台の上に置きます。

  • 染める色ごとに、防染糊を絞り出して「土手」と呼ばれる囲いを作ります。

  • 土手に合わせて表から染料を注ぎます。
    “やかん”などと呼ばれる、じょうろのような道具を使います。

  • 色の数分だけ繰り返します。

  • コンプレッサーで下から吸入することで重なった生地に染料を通します。

  • 生地を裏返し同じ方法で再度染めます。この裏表のない染め上がりが注染最大の特徴になります。

  • 余分な染料や糊を落とすために、機械や人の手を使ってふり洗いします。生地を等間隔でたぐり寄せ、長い洗い場で泳がせます。この作業は、かつては川で行われていました。

  • 竿で高い場所から干して乾かします。

ページ先頭へ