商品詳細

製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像
製品画像

【セミオーダー浴衣】【日本製】【注染(本染め)】男の色気を引き出す花流水浴衣

寸法
M
  • 推奨身長163cm~183cm
  • 推奨ヒップ92cm(前後約5cm)
  • 身丈裁ち切り約160cm
  • 裄約70cm
  • 袖丈約49cm
L
  • 推奨身長168cm~193cm
  • 推奨ヒップ95cm(前後約5cm)
  • 身丈裁ち切り約170cm
  • 裄約73cm
  • 袖丈約49cm
  • ※銀座喜染のオリジナル浴衣は弊社独自の寸法でお作りしておりますので、一般的な既製品とは身丈や裄が異なる場合がございます。

推奨寸法について

生地 綿77% 麻23%
柄名 【注染】花に流水
地色 【先染め】生成り
柄色 茶色・黄色など
生産国 日本
コメント 風雅な花流水が染められた浴衣。

麻本来の質感が活きる、ざっくりとした生地と、カーキ色と茶のミリタリー調の色合いは、キザなイメージもある男性の花柄がヴィンテージライクにアップデートされています。

上質な素材に裏付けられたおしゃれな、リラックスしたムードにも貫禄を添えます。

女性の着物と異なり、男性の着物で総柄の着物はなかなかありません。この花が水に流れている夏に涼を感じる柄も他ではそう簡単に見つからない粋な逸品。生地はしじら織りで仕上げられており心地も◎!注染で染め上げられた黄色から緑へのグラデュエーションが鮮やかに浴衣全体に配置された浴衣です。そのグラデュエーションが流水柄で体全体を流れるように配置されて見る人も思わず見惚れるような図柄です。夏の粋男を演出するにはもってこいの浴衣です。

〇染め・織り
注染とは伝統的な型染めの一種です。表からと裏からの二度にわたり染料を注ぐため、両面がきれいに染め上がります。機械でのプリントとは異なる、きれいなぼかし染めや、立体感のある染め上がりになります。手染めならではの染めムラやにじみも味わいのひとつです。

浴衣を一枚ずつ染めていく長板染めが主流だった当時、非常に画期的だった注染の特徴の一つとして、色を多色で染められるという事がありました。違う色で染める部分は“防染糊”と呼ばれる特殊な糊で、染料が流れないよう土手を作ります。こうすることで何色もの色を差し分ける事が出来ます。

こちらの浴衣は糸の段階から染めた先染めと呼ばれる生地の上から差し分けていっています。
 
生地は軽やかで涼しい着心地が夏の衣類として昔から愛されているしじら織です。独特のしぼが特徴でさらりとした肌触り。
平織りの生地とはまた違った風合いをお楽しみください。

【セミオーダー浴衣について】
男性の浴衣は、女性のようにおはしょりで長さを調節しないため、既製品の場合 M・L・2L などのサイズの中から身長に合わせて選ぶことが多くなります。

この時のお悩みとして多いのが、身長に合わせると身巾が合わないことがあるということです。一般的に既製品は、身丈と巾の寸法が比例しています。そうすると、長身で細身の方が身長に合わせた浴衣を選ぶと身巾が広く、衿や裾がダブつきます。背が高くなく、体に厚みがある方が身長に合わせると、巾が狭くなり衿や裾がはだけやすくなります。

またフルオーダーで頼むとなると、生地を選んでから採寸してお仕立てするのに時間がかかり、着る日にちが決まっている場合機会を逃してしまうこともあります。

そこで、銀座喜染がお客様の為に始めたサービスが、こちらのセミオーダー浴衣。
こちらの浴衣は裾以外を縫製して着物の形に仕立ててあります。
M・Lサイズから身巾の合う方をお選びいただき、その後身丈をお客様のご身長に合わせて裾上げ致します。

ズボンの裾上げをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、例えば身長が163cm、ヒップが91cmの方でしたら、Mサイズの浴衣を約138cmの着丈に裾上げしてお納め致します。

こちらのセミオーダーですと約10日間でお納め出来ます。
納期の短縮と価格を抑える事に取り組み、少しでも多くの方に気軽に本格的な浴衣をお楽しみいただけるよう、銀座喜染が独自に始めたサービスです。
商品コード m_18_0004_hanaryusui_asa

税抜¥ 32,000円

(税込 ¥ 35,200円)

※別途送料

  • ロングM
    品切れ
    ロングL
    在庫あり
  • 数量
    サイズ
    身長
    cm
    バスト
    cm
    ウエスト
    cm
    ヒップ
    cm

    ※ 最適なサイズ選びの為、可能であればご記入ください

スタッフ

スタッフコメント

お問い合わせはこちら
TEL:03-3543-5298

LINEからもお問合せいただけます。画像のQRコードからご登録ください。

染め浴衣について

知る人ぞ知る染の技法、注染。
注染の浴衣といえば現代では最高級品とも言われ、“本染め”というとほとんどがこの注染のことを差します。
こうした高級浴衣生地は、多くはオーダーで仕立て上げます。銀座喜染では、まとめて仕立上げることによって、オーダーに比べ納期の短縮と価格を抑える事に取り組んでいます。
フルオーダーと変わらない高級浴衣を気軽に。
銀座喜染の浴衣で、次のお休みに着てお出かけしてみませんか。

織り浴衣について

銀座喜染では、男物の本しじら、本楊柳、紋織の国産織ゆかたをお仕立てしております。
生地の表面に、それぞれの織特有の凹凸やしぼがあり、肌触りが良くさわやかな着心地の浴衣です。従来からの技を守って、丁寧に生産された織物ならではの、上質な風合いです。

ページ先頭へ